福文ブログ

広報委員が綴る、福大文芸部の徒然なる活動日記。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本への気持ち

ふょこらアイコン

こんばんはー
暑いですね
暑いですね
もうエアコンのお世話になっていますふょこらです。


さて、みなさんは本をどこで買いますか?
いろいろあると思いますが、古本を買う方も多いのではないでしょうか
新品とは違ってまた独特の趣がありますよね。安いし

でも個人がやっている古書店で買う方はあまり多くないんじゃないかなあと思います。
なんか入りづらいですよね

今回紹介する本はそんな古書店が舞台のお話です。

三浦しをん月魚です。
月魚

『古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。』

わたしには敷居の高い古書店の裏側がわかりやすく魅力的に描かれていてそれだけでも読んでいて楽しい。
だけど、やはり真志喜と瀬名垣の微妙な関係が見どころです。

amazonのレビューなどにはBLだ。と書かれていたりもしますが、それを理由に読まないのはすごくもったいないなぁと思いますよ
たしかにそういう雰囲気だし、女性から見た(夢見る)男同士の関係という感じはしますけどねー

まあとにかく一度目を通してほしいですね!
そういうのが好きではない人も案外スラっと読めちゃうかもしれません!!
他の広報の言葉を借りるならとにかく読んで!読めばわかるさ!です!


では今回はこのへんで失礼します
しーゆーねくすとうぃーく!ばーい!


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

福岡大学文芸部広報委員

Author:福岡大学文芸部広報委員
・手楠太郎:2回生
  ブログ担当。広報長。

・しゆんたろ:2回生
  Twitter&部室担当。

・沖子:2回生
  メーリング担当。

・カラナシ:3回生
  web担当。

・紫乃:3回生
  web担当。

・真綿:3回生
  部室担当。

・神武音 皆違太:3回生
  ブログ担当。

最近の記事+コメント
ブログ内検索
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。