福文ブログ

広報委員が綴る、福大文芸部の徒然なる活動日記。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


プロット!


natsuno.jpg


こんにちは!
金曜日担当の夏野です。
鼻炎が酷くて、ティッシュが手放せません。
花粉症でもないのに……(泣)


今回の活動は、創作会でした。
まず文章指導「プロットの創り方」がありました!
そもそもプロットとは、物語の『設計図』のようなものです。
創り方として、いくつか紹介してくれました。
①物語の進む順番に考える(矢印法)
②物語の進む順番とは逆順に考える(逆順法)
③思い浮かんでいるシーンを繋げてみる(連結法)
私は大体③→②を使っていますね。
書きたいシーン(大体ラストの部分)を繋げて、間の部分をそれとなく埋めて……
パッチワーク法と呼んでいます☆
埋める作業が下手なので、書きたいシーンをすぐに見破られてしまいます。
思いのこもり方が違うそうです(泣)
次に教えてもらったことを踏まえて、自分でプロットを創ってみました!
少し恥ずかしいですが……今回創った夏野のプロットを公開しようと思います。
一題与えられたのですが、私の班は「日記」でした。


:幼いころから継続して、日記を書いている女子大生Aはサークルの先輩Bのことが気になります。
   Aに彼氏はいません。初恋を引きずっています……
   (AとBは地元が同じ。)

:日記の一部を抜き出します(日記風に幼いころのAの口調で)
   小学生の頃、近所の公園で桜の花びらが舞う中で、Aは風に帽子をさらわれてしまいます。
   帽子を捕まえて、返してくれた上級生らしき人物。
   Aは、初めて恋をします。
   (情景描写に力を入れる。上級生はBです。BもAに初めて恋をします。)

:Bと少しずつ仲良くなっていきます。しかし、Bには好きな人がいるという噂が!
   結局聞きだせないまま、日々が過ぎていきます。
   (恋する女の子の可愛らしい心情描写に力を入れる。)

:大学の近くの公園を二人で散歩している途中、Aの被っていた帽子が風にさらわれて、Bが捕まえて返します。
   目が合って、お互いに初恋の人だと気づきます。
   (情景描写に力を入れる。既視感の描写。)

備考:①キーワード3つ
     「桜」→ところどころに桜の描写。「散る」ものにお互いに反応してしまう。
     「既視感」→ラストのシーンを演出するために、少しずつ表現していく。
     「距離」→二人の距離が変わっていく様子を日常とちょっとした会話や動作などで表す。
     ②使いたい文章(ラスト三文)
     「やっと会えたね」
     Bは穏やかに笑って、捕まえた帽子を頭に被せてくれた。
     私の初恋は、やっと結ばれたのだ。

このようにして、プロットを書きます。
書き終わって思ったのですが、この作品『日記』があまり出てきません(笑)
もっと頑張ろうと思いました……


ではでは、連休中で堕落しているかと思いきや結構せかせかしている夏野がお送りしました!
皆さんはG.W.を大切にしてくださいね!
ゆっくり休んで、また来週お会いしましょう!
プロットわっしょい☆




Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

福岡大学文芸部広報委員

Author:福岡大学文芸部広報委員
・手楠太郎:2回生
  ブログ担当。広報長。

・しゆんたろ:2回生
  Twitter&部室担当。

・沖子:2回生
  メーリング担当。

・カラナシ:3回生
  web担当。

・紫乃:3回生
  web担当。

・真綿:3回生
  部室担当。

・神武音 皆違太:3回生
  ブログ担当。

最近の記事+コメント
ブログ内検索
Twitter